教養・知識を獲得し、人生豊かに生きる!

読書、外国語、心理に関する情報を中心に発信しています。

MENU

外国語を身につけるための自然な方法!

     多くの日本人は、外国語の習得方法が分からない

 

 

 結論から言います!

 日本人の多くは、英語はもちろん、外国語を話すことができません。

 それは、間違った方法で外国語を学んでいるからです。

 

 

 もしあなたが外国語を話せるようになりたいのであれば、既存の学習方法はいますぐに捨ててください。勉強方法を変えることには抵抗があると思います。しかし、従来通りの学習方法をやめることで大きな成果を上げられるようになります。

 

 

 

 日本の外国語(ほとんどは英語)教育では、効果的な外国語習得方法を学ぶことはできません。それどころか、外国語を話せるようにはならない仕組みになっています。

 

 

 私たちは最初に英語を学んだとき、アルファベットを覚えたましたね。それから、単語の暗記と文法の理解に努めてきました。基本的には、読み書きが中心で聞く話す作業を疎かにしてきました。

 

 

 このような外国語教育は間違っているます。非効果的です。

 決して、外国語を話せるようにはなりません。ほぼ、不可能です。

 

 

 

 では、どうすれば外国語を習得し話せるようになるのか。

 簡単にその方法を紹介します。

 

 

      聞く → 話す → 読む → 書く

 

 

 これが言語習得の自然な流れになります。

 詳細を下記に載せておきます。

 

 

 外国語を話せるようになるには、まず耳で学ぶことを始める必要があります。

 

 赤ちゃんであった頃を思い出してください。

 

 赤ちゃんは、話すこと、文字を読むこと、書くこともできません。しかし、耳で覚えることはできます。私たちは最初耳で言葉を覚え、日本語を習得してきました。父さん、母さんの言葉を聞いて、日本語を習得してきたことが分かります。

 

 

 言葉を聞いて理解をできるようになった後は、言葉を話すようになりますね。

 

 会話ができる程度になった後、次は文字(ひらがな、カタカナ)を読めるようにもなります。そして、文字の読み方を覚え、文字が書けるようになります。

 

 日本人の場合、小学校入学以降、日常生活や仕事で支障がでないよう、本格的に漢字を覚える作業が必要になります。

 

 

 

 

 具体的な方法とは、

 

 まずは耳で外国語を聞き取る、覚える作業が必要になります。先述しましたが、最初は耳を活用しなければなりません。

 

 

 映画やYouTubeを使用するのが効果的です。いきなり聞き取るのは難しいかもしれませんが、それでも問題ありません。単語の意味や文法は無視してください。そして、字幕を使うことはおススメしません。目で覚えようとする癖がつくからです。

 

 何度も聞いていくうちに、自然と身についていきます。単語を聞き取る力や聞いていることが理解できるようになってきます。海外に実際に行かなくても、自宅で外国語を身につけることは可能です。

 

 

 耳で聞くことに慣れてきましたら、次はシャドーイングをしてください。聞き取ったものを発音する練習を行います。繰り返し練習することで、スピーキング能力が向上していきます。長期間練習すれば、とても円滑に話せるようになります。

 

 

 聞く・話すができるようになれば、後は今まで通りに読み書きをすれば問題ありません。

 

 

 

 

 日本の外国語教育では、最初に聞く・話す作業を行わないから、多くの日本人は外国語がはなせるようにはならないのです。単語の読み書きは、聞く・話すができるようになってから行うべきです。