教養・知識を獲得し、人生豊かに生きる!

読書、外国語、心理に関する情報を中心に発信しています。

MENU

本を早く読むメリット・速読マスター!

          速読をマスターしよう! 📚

 


 本を速く読みたいと思っている人はいるかもしれません。読むのが遅いから読書が嫌いになる人、非効率だと思い読書習慣が継続できない人は多いと思います。学校教育で、文字を速く読む練習をしてこなかったので、不得意な人が多いのは自然なことかもしれません。

 

 


 速読に、賛成意見もあれば、反対意見もあります。私の場合、賛成です。なぜなら、速読には、様々なメリットがあり、良い効果☆  がもたらされるからです。その効果的なものとは一体何なのか、紹介したいと思います。

 

 

 

1 頭の回転がよくなる


 本を速く読めれば、自然に頭がよくなっていきます。文章を理解できるスピードも高まり、すばやく情報の処理ができるようになります。また、より速く文字を読めるようになるので、1日10冊以上読むことができるようになるかもしれません。読書家にとって、本の読む量が増えるので、ワクワクする日々が送れるようになると思います。私自身も、速読の訓練をしたので、1日に読む本の量が増えました!

 

 


2 受験・テスト・資格試験に役に立つ


 本を読むスピードが速ければ、テスト対策にも役に立ちます。テストというものは、限られた時間内に解き終わらせなければならなりません。そして、問題を見直す時間も必要になります。普段から文字を早く読む訓練を行っていれば、テスト本番で大いに活用できます。高得点を取りたい方、満点を目指している方、受験に合格したい方は、実践することを私は勧めます。時間内に解き終われない人・終了時間ぎりぎりまで問題を解いている人は、取り組んだ方がいいかもしれません。

 

 

情報過多社会を生き抜ける


 現代は、情報に氾濫した社会です。私たちは何か問題に直面したとき、インターネット💻 を利用すると思います。そして、何か効果的な情報はないか、あらゆるWebサイトを閲覧するでしょう。たとえば、TOIEC で高得点取りたいときには、それに関するものを検索し、自分にあったやり方を探し続けると思います。もしあなたが文字を読むスピードが速ければ、Webサイトを閲覧するスピードも速くなり、問題を素早く解決するのに役立ちます。最近では、インターネットには、余計な情報まで出現するようになってきました。自分が必要としている情報にアクセスするまで時間がかかってしまうこともあるため、速く情報を処理できる能力を高めておくのがいいでしょう。

 

 

 

 速読には、以上のような効果があります。しかし、速読にはデメリットも存在することも忘れないでください。早く読もうとして大切な部分をよく読まないこと、じっくり文字を目視しなくなるので漢字が覚えられないこと、熟読ではないため本の内容をあまり覚えていないこと、このような欠点もあるので、自分に合った読書をするのがいいかもしれません。