教養・知識を獲得し、人生豊かに生きる!

読書、外国語、心理に関する情報を中心に発信しています。

MENU

日本人が英語を話せるようになるには

 日本人は、英語を話せない人が多い。中学・高校・大学までの期間、英語に触れる機会は多くあったのに、それでもまともに会話ができない人が多く、不思議である。日本では、本屋に行けば多くの英語教材が販売されており、街を歩けば英会話スクールも見られる。また、スマートフォン(オンライン英会話、YouTubeや洋画など)でも英語を学べる環境がある。このように、英語を学ぶ機会がとても充実しているにもかかわらず、日本人が英語を話せないということは、大変残念である。なぜ多くの日本人は、英語が話せないのかを考察していたいと思う。具体的に、3つの理由を紹介したい。

 

  1つ目は、学校の授業で英語を話す機会が少ないことである。基本的に日本の学校では、受験のためだけに英語を学んでいるように私は感じる。受験では、読み書きが中心である(近年では、そうではなくなる可能性がある)。授業では、先生が英文法や単語を中心に教え、生徒は板書したものをノートに書くだけである。発音を丁寧に教えること、音読すること、会話の練習などはきちんと行われない。英語を話せるようになるには、まずはきちんと発音を聞き取れるように練習を行う必要がある。量をこなせば、き認識できるようになってくる。また、スムーズに話せるようになるためにも音読が必要である。練習を積み重ね行えば、発音が改善されネイティブのように話せるようになっていく。

 

 2つ目は、日本語に訳して英語を学んでいることである。英語を学ぶ際、日本語に翻訳する行為は、英語習得の妨げになる。多くの日本人は、訳す癖がついているため、英単語を聞いたときに日本語を思い浮かべる人が多いと思う。例えば、「cat 」と聞いたとき、猫を頭の中で描写するのが普通である。だが、多くの日本人は「猫」という言葉を思い浮かべるかもしれない。いちいち日本語に訳している状態では、スムーズに会話を行うのは困難である。スムーズにコミュニケーションをするためにも、まず描写をする癖をつけていく必要がある。

 

 3つ目は、日本社会が英語をそこまで必要としていないことである。私たち日本人は、英語を話せなくても困ることがほとんどないのかもしれない。国内市場が大きいこと、日本語だけでも十分に生きていけること、外国人と関わる機会が少ないことなどがあげられる。このような状況を考えれば、日本人が英語を学ぶモチベーションは低いことが分かる。しかし、この状況は近いうち崩壊するかもしれない。少子高齢化により日本の国力は低下していくと思う。経済状況はあまりよくない。また、外国人留学生や労働者が多くなっている。英語を話せる人が増えなければ、日本は危機的な状況に陥っていくかもしれない。

 

 私は、英語を話すことができる。私には、英語を使わなければならない機会もある。普段、YouTubeで英語の動画を視聴することが多い。日本語では手に入らない情報があるからである。また、世界のいろんな人が英語を話しているため、独特のイントネーションやなまりを聞くこともできる。他にも、バイガイドのボランティア的な作業をしたことがある。英語で日本文化を紹介し、日本についてのクイズゲームも行い参加者を楽しませた経験がある。

  英語を話せるだけでも、情報にアクセスできる数が多くなり、またそのような人が優遇される機会も多くなることを私は多くの方に学んでほしいと思う。